子供のうちから音楽教育|ピアノレッスンを受講させよう

勉強

福祉系の国家資格をとろう

文房具

少子高齢社会の進展などにより、福祉系の資格職である社会福祉士の活躍の場も増えてきています。社会福祉士はソーシャルワーカーとも呼ばれている福祉の国家資格職です。精神的・身体的なハンデを背負った人々から相談を受け、それに答えていくことで相談者が日常生活を平穏に過ごすことができるようにする仕事を行なっており、年々活躍の場は増えてきています。社会福祉士の仕事は他分野との連携も必要であるため、知識だけでなくコミュニケーション能力や交渉力も必要とされる大変な仕事ですが、人々を助けるやりがいのある仕事だともいえるでしょう。これから、新潟だけでなく全国的に社会福祉士が働く施設は増加していくことが見込まれているため、職業としても食いっぱぐれることのない仕事だと評価されています。新潟でも社会福祉士の求人は増加しているため、これから社会福祉士になって福祉系の施設に就職することは十分可能です。現在新潟では、資格さえ取得すれば年齢は関係なく採用してもらえる売り手市場であるため、今の仕事からのキャリアチェンジなどを考えている人は検討してみてもいいのではないでしょうか。社会福祉士になるためには、大学や専門学校などで必要な科目を履修してから国家試験を受けることになります。現在、別の仕事をしている人であれば、通信で通える学校や夜間の大学などで科目を履修することになるでしょう。もし社会福祉士になることが決定したのであれば、福祉系の資格不要な職で働きながら社会福祉士の資格取得を目指すことも可能です。新潟に住んでいる人が受講できる学校もたくさんあります。学校ごとを比較して自分に最適なものを選びましょう。