子供のうちから音楽教育|ピアノレッスンを受講させよう

勉強

リハビリ系の専門職

学習

言語聴覚士とは音声機能・言語機能のリハビリの専門家で、病院に努めて働く職業です。音声・言語・聴覚機能の障害は、ただの機能的な障害でなく精神面でのケアが大切になることもあるため、心のケアも考える仕事です。リバビリの専門職の中で範囲の広い知識を求められるため、とてもやりがいのある仕事だといわれています。言語聴覚士は専門知識を持つリハビリのプロであるため、養成課程がある大学・専門学校で3年以上の勉強が必要になります。以前は、同じリハビリ系の資格として知られる理学療法士や作業療法士と比較すると求人が少ない傾向がありましたが、現在では少子高齢化の影響もあり、活躍の場が年々増加しています。現在、高校生以下であれば言語聴覚士になるルートはたくさんありますが、4年制大学か専門学校で学んで国家資格を受けるルートが最も一般的なものになります。経済的な事情などで、なるべく早く現場に出たいという人であれば、3年制の短大や専門学校で必要な科目を履修して国家資格を取得するというルートを選択することも可能です。国家資格の合格率は5割程度で、専門教育を受けた中から半分しか合格しないという狭き門になっています。そのため、学校に入学する前に卒業生の合格率などをしっかりと調べて授業の密度について調べておくことも大切になります。現在は、活躍の場が増加しているため、言語聴覚士の国家資格に合格していれば、年齢問わずに採用してくれる病院はあるようです。これから少子高齢化は年々進展することは間違いがないため、リハビリ系の専門職は圧倒的に人手不足になることが予想されています。現在、社会人として別の仕事で働いている人も夜間学校などで勉強して資格を取得することも可能です。しばらく求人も増加していくと予想されているため、転職を考えている人は、キャリアチェンジの候補として検討してもいいでしょう。